接客を受けることのわずらわしさ

街でブラブラとお店をみていると、突然声をかけられ接客をうけることのわずらわしさを感じることがあります。 食品なども取り扱う、大手スーパーなどでは、ゆっくりと自由に自分の好きなファッションを選ぶことができます。 その一方で、サイズ展開、カラー展開、在庫の有無など確認したいことがある時に、大きな売場の中にそのような 問い合わせのできる販売員の見当たらないケースがあります。スーパーだと、人件費削減でひとつの売り場に一人しか担当者のいないケースや、バックヤード等にしか人がいないようなケースも多々あるようです。 一方でファッション専門店では、商品に関する専門の知識を持った販売員を配置しています。 接客の時の声かけのタイミングもマニュアル化されている会社もあり、例えば服に触れているとき、立ち止まったとき、 販売員と目があったときなどに声をかけるようにしているようです。 いくら専門的なファッションの知識があって、商品説明ができても販売員にはもっとほかに、もっとも重要な要素があります。それは当たり前のことですが、笑顔での接客と、親切な対応です。 専門的な知識は聞いてしますと、それ以上に近くで接客されることに嫌悪感を感じさせる人もいますが プロの販売員は、笑顔で丁寧に最後まで対応します。 高額商品に関しては、例えば貴金属含めて「これください。」と自分で決めてしまう人は少ないようです。 ファッション関係の商品も、高額なものはやはりコーディネート含めて、販売員のアドバイスを受けてから 安心し、納得してから購入します。この納得が無い場合に、後から無理に買わされたという感情が起こります。 販売する側も、一時の売上にとらわれるのではなく、長い期間そのお店、商品、販売員を好きになってもらえるような 日々の努力が必要になります。人間わがままなもので、必要な情報は聞きたいけど、自由に選びたいと考えています。 あの人から買いたいと思わせるような販売員との出会いも重要です。

若い人は思いやすいと

多くの若い人にとって、通販サイトから洋服を購入することは日常的な出来事として捉えられており、仕事や学校、家事などで忙しい場合であっても、魅力的な商品を手に入れることができます。特に、格安のアイテムが販売されている通販サイトを利用することによって、家計への負担を軽減することもできるため・・・詳細はリンクから